秘密のパワースポットを作ろう

2019/10/24 NOTEでの記事


私には別荘があります。 というのは嘘で、ただの彼氏のおうちなのですが 私の彼は仕事柄、仕事場に寝泊まりするので毎日在宅しているわけではなく 休日も夜は私の家で過ごすことも多いので 私も1週間に一回ほど、GETAWAY(日常から離れる短い休暇の事)感覚で 私の家よりもだいぶ広い彼の家でゆっくり過ごしています。


他の大都市でもそうだと思うけど、NYに住んでいるとエネルギーを消耗するので、ニューヨーカーたちは”WEEKEND GETAWAY"と称して1、2時間で行けるアップステイトなどで週末を過ごしたりする事があります。 東京に住んでいるなら、熱海や箱根に週末旅行するような感覚。 自分の家の近所もそれなりに気に入っているので、またそれは別の日記で書こうと思っていますが、今日は誰も知らない私の秘密のパワースポットを紹介したいと思います。


マンハッタンまでは、バスと電車を乗り継ぎ1時間~1時間半ほどかかるので、9時 - 5時の週5通勤をしている人には向いていませんが フリーランスやブルックリン内で仕事をしている人で、どうも人混みが苦手だとか、ゆったりとした静かな生活をしたい人にはいいんじゃないかな? 小さなビーチまでは徒歩10分。 橋を渡ったすぐ先には有名なロカウェイビーチもあり、夏は特に最高です。 まるでブルックリンとは思えないほど市街地の喧騒から離れたこの家で ゆっくりお風呂に入ったり、料理をしたり、近所を散歩したり それだけで本当にリフレッシュできるほど私は大好きなエリアです。 デッドラインがあるといけないので、仕事ができるように一応私のラップトップも置いてあるけど、結局ここに来ると別荘気分になってしまって何もできません。


ブルックリンだけど、日本人はおろかアジア人すら珍しい。 他の州や国からやって来た人々に浸食されたトレンディなエリアとは違い

話題のスポットはないものの ある意味本来のブルックリンが体験できる場所。 若い人よりも年配の方が目立つような静かなエリアですが 近所に大きなスーパーや薬局もあり、少し歩けば大型ショッピングモールや商店街もあるので、必要なものは手に入ります。 不便なのは交通。 近所にサブウェイの駅がない為、基本は車で迎えに来てもらうのですが、彼がいない時は電車とバスを乗り継いで行かなければなりません。 私はそれもまたGETAWAYの一部と思って道中を楽しんでいます。 特に家の目の前にある小さな湖(河口?)が私のお気に入りNo.1スポットで 昼間に行っても大抵誰もいないという贅沢さ。 綺麗な場所はたくさんあっても、公園だったり、ひとけの多い場所が多いので、ここは私の秘密のパワースポットです。 大好きなカフェだったり、お店だったり、自分の好きな空間や場所はどこでもパワースポットになりうると思いますが 私は水辺がとにかく好きなので、日々の生活ルーティーンの中では、ここが紛れもなく私のNo.1パワースポット。

通りを歩くだけで緑がいっぱいですでに癒されます。



この小道を抜けると



海水が流れ込む小さな湖があります。


ここがいつ来ても誰もいない、私の秘密のパワースポット。 潮の香りが清々しく、朝や夕方の時間帯が特に最高です。 虫や鳥の声しか聞こえないし、ボーっとするのに最適な場所。



近所のベーグル屋で安いコーヒーを買って ここで1時間くらい、歩いたりイヤフォンで音楽を聴いたりボーっとすると 本当に色んな事がどうでもよくなります。 

一人でこの景色を見ていると 私本当にニューヨークに住んでいるのかな? ここはどこ?私は誰? と、なんだか不思議な気分にもなるので 危ない人全開で 哲学的な気分に浸ったり、瞑想するにはぴったりの場所です。 本当に誰も来ないからね。



ちなみにこちらは近所のロブスター・ジョイント。


NICK'S LOBSTER HOUSE


ここも水辺で美味しいシーフードが味わえます。(夏は外のデッキ席もあり)

ロブスターのお店は3つほどあるんだけど、川沿いで気持ちいので私はここがお気に入り。 ちなみに毎週火曜日は2for1ロブスターの日。 1尾分の値段で2尾のロブスターが食べられます。



お金を出せば何でも手が届くマンハッタンも楽しいけど 最近はもはやこんなまるで老後の様なゆったりとした暮らしを長く続けたいというのが、今の私の理想です。 10代の頃に読んだ、「パパ・ユーア クレイジー」という マリブの海辺に住む父と子供のような生活。

お友達に会ったり、ライブを見るのにシティに出るのも、それはそれで普段と違って特別なイベントみたいで楽しい。

ちなみにこれはおまけで これも割とここからすぐの場所にあるビーチの一つなのですが 17世紀からのガラスのゴミが大量に残されている 異世界の様なビーチ、Dead Horse Bay。 通称、ボトル・ビーチ。 ここはまだ行ったことがないのですが とっても興味があって 私の新しいパワースポットになるかな?





夏に行ってもくつろげなそうだから、気温が下がるのを待っていたんだけど あまりに寒いのもつらそうなので 近いうちに行ってみようかなと思っています。 楽しみ!

REIKO LAUPER

  • Grey Instagram Icon

Stippling Artist

Graphic Designer